つくり手

肥土伊知郎(株式会社ベンチャーウイスキー 代表取締役社長)

経歴

1988年、サントリー株式会社入社を経て、1997年に父の経営する酒造メーカーに入社。経営不振により、その会社が営業譲渡され人手に渡る。廃棄予定のウイスキー原酒を引き取り2004年に有限会社ベンチャーウイスキーを設立。2005年に残された原酒をもとにイチローズモルトを発売。その後、軽井沢蒸溜所やスコットランドのベンリアック蒸溜所にてウイスキーづくりを学び、2008年2月より秩父蒸溜所にてウイスキー造りを開始。

その間、ワールドウイスキーアワードやウイスキーアドボケートアワードなど数多くの受賞歴があり、2019年には、ISC(インターナショナルスピリッツコンチャレンジ)にて、マスター ブレンダー オブザイヤーを受賞。

本人コメント

今、ウイスキー人気が高まっています。特にジャパニーズウイスキーの評価は世界的に高くなっています。2004年にベンチャーウイスキーを立ち上げた時には想像もできなかったことでした。そうしたなか多くの新規参入者が登場していることは、消費者の興味を刺激しウイスキー人気のすそ野を広げることになるでしょう。しかし、ウイスキー造りには時間がかかります。ブームで終わるようなことがあってはなりません。
そのためにも、各メーカーが高い志をもって高品質のウイスキーを造っていかなければなりません。 私共も先輩たちが築き上げてきたウイスキー評価を落とすことなく、さらに高めていけるよう努力し、その魅力を伝えていければと思っています。

過去の取材履歴

「令和の開拓者たち」文藝春秋 2020年11月号
シングルモルト&ウイスキー完全バイブル(監修)

 

主なTV出演

逆転人生(NHKオンデマンド)「親子2代の夢を実現 世界が認めたウイスキー」