ニッカウヰスキー顧問にインタビュー「原料部からチーフブレンダーへ。ノンピートの採用は独断だった!?」【後編/全2回】

はじめに

前回の記事では、ノンピートモルトの購入を決意した佐久間さん。しかし、実際にできたウイスキーは社内では不評でした。そこからどのようにしてブラックニッカクリアが生まれたのか。続きをお楽しみください。

※こちらはニッカウヰスキー佐久間さん(顧問シニアチーフブレンダー)インタビュー記事【後編】となっております。(写真は佐久間さん、新婚旅行パリのモンマルトルでのお写真)

※【前編】をまだお読みでない方は以下よりはじめからお読みになることをお勧めします。


佐久間)ノンピートのウイスキーをつくりはじめて、初めは「麦っぽい」とか「穀物感が強い」といった理由で、評判はよくなかったんです。

で、やっぱりだめか。。なんて言っていたんですが、そこで佐藤茂生さんが

「もっと熟成しなきゃわからないから、継続してつくっていこう」と。

それから5年後くらいです。佐藤さんがブラックニッカの新商品の開発に携わっておられたときに「あのノンピートのモルトウイスキーを使ったどうか」と思いつかれたことがきっかけでした。そこで生まれたのが現在のブラックニッカ クリアです。

ブラックニッカ クリアはものが先にあって、原酒がそれにくっついてきたイメージだったんです。

A picture containing text, drink, meal, several

Description automatically generated
ブラックニッカクリア(出典:ニッカウヰスキー )

ーー
面白いですね。どうしてスコットランドはそこまでピーテッドモルトに拘っていたんでしょう。

佐久間さん(以下敬称略):
伝統的にピーテッドモルトを使うのがスコッチウイスキーだという常識というかプライドみたいなのがあったんですよね。そのせいで、ノンピートを使っていても誰も言い出せなかったんではないでしょうか。なので昔はみんな隠れてこそこそノンピートで仕込んでいたんです。

私もその実態を知るまでは、ピーテッドモルトを使っていると思っていましたから、その事実を知った時はそれこそ驚きでしたね。

ーー
単純に疑問に思ってしまったのですが、スコットランドでノンピートを取り入れ始めた際に「味が違う!」みたいなことはなかったんですかね?

佐久間:
どうだったんでしょうね(笑)これは想像ですが、おそらく少しずつ味を変えていったのか、ピートが強かったのをだんだんと弱めていったんじゃないかなあと思います。

ニッカの場合はノンピートを取り入れるまでは全てピーテッドモルトを使っていたので、それまでの銘柄の原料をノンピートに変えるといったことはせず、昔のものは変わらずピーテッドのみで。新商品に新しい素材としてノンピートをバランスよく取り入れる。といった方向性をとっていました。

ニッカは84、5年から90年代にかけていろんなことにチャレンジしていました。
ピュアモルトを出してみたり、フロムザバレルを出したり、あるいはカナダからライ麦のウイスキーを輸入してラムと混ぜたりとか、世界中からいろんな素材を集めてさまざまなウイスキーのおいしさを届けようという取り組みをしてきましたね。

ーー
ライ麦とラム!? ライ麦って通常のモルトと一緒なんですか?

ニッカのライ麦とラムのウイスキー(出典:Yahoo! JAPAN)

佐久間:
ライ麦はニッカでもウイスキーをつくったんですが、結構大変でしたね。。汗

一癖も二癖もあったので、難しかったです。穀物感が強くて、スパイシーで独特な香りがあったんですよね。

ーー
さまざまな原料には特徴があっておもしろいですね。ぜひ試してみたいです。

1

2

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。